2020/03/02

ニットを使った今季オススメのコーディネート特集

ニットを使った今季オススメのコーディネート特集

正統派で攻める!!トラッドスタイル 今季オススメのコーディネート特集 メンズ

ニットといえば寒い季節のイメージが強いアイテム。リネン、コットン、ウール、カシミヤなど様々な素材がある。
リネン素材は通気性がよく涼しいので暖かい季節に取り入れやすい。
コットン素材は取り扱いがしやすくオールシーズン使えるアイテム。ウール、カシミヤ素材は暖かく重量感があるので寒い季節に活躍する。
網目が大きいローゲージ、網目が細かいハイゲージ、立体感があるケーブル編みがある。素材や編み方のバリエーションで季節ごとに色々な表情が楽しめる。
今回BIG2ndではニットを使った3パターンのスタイリングを提案。要チェック!

スタイル1
ケーブルニット1着で大人カジュアル 古着コーデ1
ケーブルニット1着で大人カジュアル 古着コーデ2
ケーブルニット1着で大人カジュアル 古着コーデ3
スタイル1

ケーブルニット1着で大人カジュアル

ケーブル編みは多色使いのプリントとは違い、立体感があり単色でも動きがでる。
カラフルなアイテムを使ったコーディネートは難易度が高くなるが、ケーブル編みなら単色で手軽にこなれ感を演出できる。上品なケーブルニットにはシンプルなチノパンが相性バツグン。
今回はカジュアルに寄せてスニーカーでコーディネートしたが、足元のアイテム次第でコーディネートの幅が広がる。
男らしさを演出するなら「ワークブーツ」、上品でシックにしたいなら「革靴」といった1つのアイテムを変えるだけで印象が大きく変わる。

スタイル2
現代でも通用するアメトラ 古着コーデ1
現代でも通用するアメトラ 古着コーデ2
現代でも通用するアメトラ 古着コーデ3
スタイル2

現代でも通用するアメトラ

今回はアメカジのなかでもアメトラ(アメリカントラディショナル)スタイルでコーディネート。
アメトラとは50年代にアメリカで大学生の服装がもとに生まれたファッション。使い回しの効くニットベストにはインナーにシャツがテッパン!王道に白シャツで合わせたが、淡い水色やピンク色のシャツでコーディネートに変化を持たせる。
話題のニットベストにはオックスフォードシャツを重ね、細身のデニムで小綺麗にさっぱりと今風アメトラスタイル。

スタイル3
ハイゲージの柄ニットでコーデをワンランク上げる 古着コーデ1
ハイゲージの柄ニットでコーデをワンランク上げる 古着コーデ2
ハイゲージの柄ニットでコーデをワンランク上げる 古着コーデ3
スタイル3

ハイゲージの柄ニットでコーデをワンランク上げる

子供っぽくなりがちなボーダーアイテムを、色味を抑える事で落ち着いた大人の休日に。カジュアルなアイテムであるボーダーニットに細身のスラックスを合わす事でドレッシーにキメる。
暗めのトーンで安定感をだしつつ、ボーダーで柄としての動きをプラス。
コーディネートに何か物足りなさを感じるとき、もうワンランクアップさせるためにボーダーはマストな1枚。